トップページ◆|◆ 戻る

補聴器の公的給付制度


聞こえの程度と障害等級

聴覚障害者等級


補聴器給付基準

補聴器給付基準


補聴器購入代金の公的補助について

お耳の聞こえの程度により、自立支援法による補装具(補聴器)の支給を 受けられる場合があります。 当店では該当しそうな方にはその旨お知らせしております。 (当店での測定機材は医療機関と同じ基準で校正されておりますが、当店で行う 聴力測定はあくまでも補聴器調整の為のものです。)


障害者手帳と補聴器給付申請手順

○ 身体障害者手帳(聴覚)の交付手続き 下記 1.〜3.の手続きの後、手帳が交付になります。 ○ 自立支援法補聴器申請から交付までの流れ  手帳交付の後、再度下記1.〜5.の手続きを経て補聴器が交付となります。 1. お住まいの市町村の障害福祉課や支所で、医師に書いてもらう「意見書」の用紙を受け取ります。 2.「意見書」を医師に書いてもらいます。 身体障害者福祉法の15条指定医で診断の上、「意見書」を書いてもらいます。 掛かり付けの医師に書いてもらう場合、指定医かどうか障害福祉課に確認して下さい。 福祉事務所から判定機関を指定される場合もあります。 3. 書いてもらった「意見書」と「申請書」「みとめ印」を持参の上 (手帳が交付された後補の 聴器申請の場合は手帳も添えて)市町村の障害福祉課に申請します。 (補聴器申請の時に希望の業者を聞かれます) (県の更生相談所で判定を受けた場合「意見書」は障害福祉課に郵送されます。 判定の結果申請を受けられない場合は2〜3日で連絡があります。) 4. 障害福祉課より当店に補聴器の見積依頼があます。 5.お客様と当店に決定通知が届き、補聴器のお渡しとなります。 *お住まいの地域の行政窓国により対応が異なる場合があります。


トップページ◆|◆ 戻る

うさぎナース